ネットワーク

新しい通信規格5Gって何?初心者の人向けにわかりやすく紹介

通信規格5Gをわかりやすく紹介

最近、ニュースなどで話題になっている5Gという言葉。

通信速度が速くなるといっているけど、実際今使っている回線と何が違うのかわからないという人もいるかと思います。

スマホ見たくITをあまり使わない人にとっては別にどうでもいい話かもしれませんが、実はこの5Gという通信規格はこれからの社会になくてはならない存在になってくるので少しでも覚えておいて損はありません。

A子先生
A子先生
といった感じで、今回は通信規格5Gについて説明したいと思います。わかりやすく解説するために一部図を用いて説明しますのでよろしければ最後までご覧ください。

そもそも5Gってどんな仕組み?

5Gの正式名称は、第5世代移動通信システムと言います。

ちなみに今現在は4G(第4世代移動通信システム)で、出た当初はLTEという名称で呼ばれていました。

頭の数が増えていくにつれ、回線の速度やつながりやすさの改善が期待されるとも言われています。

5Gの特徴として以下の3点が挙げられます

  • 超高速
  • 高密度大容量
  • 低遅延高信頼

わかりやすく言いますと…

  • 回線速度が速くなり
  • 途中で回線が途切れることもなく
  • スマホから家電に何か指示を送るのも速くなる(レスポンスが速い)

といった感じですかね。

4Gと5Gの回線速度の比較

例えば、今4G回線で約90Mbpsの速度が出ていますが、5G回線になると20Gbpsとなんと400倍の差が出てきます。

そうなると、動画や画像もTVのようにすぐ出てきますし途中で途切れるということもなくなります。

5Gになると将来こんな感じになる

5Gの導入でVRや遠隔医療、自動運転が普及

では、5Gが普及していくとどんな感じになるか説明します。

まず、インターネットでは動画配信する人がどんどん増えていき今話題になっているYouTuberが増えていくと思います。

そして、家電などにスマートフォンの機能が入っている商品がどんどん増えていくことによって私たちの暮らしもとても便利になると思います。

  • 運転手がいなくても勝手に運転してくれる自動運転
  • わざわざ遠くの病院に行かなくても専門医の診察を受けることができる遠隔医療
  • 実際、会場に足を運ばなくても家でその雰囲気を楽しむことができるVR(バーチャルリアリティ)の普及
A子先生
A子先生
こういったことが普及していくことによって、不要なコストを抑えることもできるし、特に人手不足の業界は改善していくと思うわね。

5Gはいつから始まるの?

5Gの普及でスマホがなくてもスマホ機能が搭載された家電が出る

では、肝心の5Gのサービスはいつ頃はじまるのかと言いますと…

2020年ごろにサービス開始予定とのことです。(NTTドコモのHPより

2020年は東京オリンピックが開催されますし、その先2025年には大阪万博も開催されます。

A子先生
A子先生
大阪万博が始まる頃にはきっと先ほど紹介した3つの技術が普及している可能性もあるわね