ITあれこれ

眼の疲れや肩こりの原因はブルーライトかも!対策法についてまとめました

ブルーライトの対策法

最近のパソコンやスマホ画面はとてもキレイになりましたね。

でも、その反面眼がとても疲れたり肩こりがひどくなったり最悪眠れなくなるという事はありませんか?

もしかしたら、それはブルーライトが原因かもしれません。

でも、ブルーライトって言ってもイマイチピンと来ないかもしれませんよね。

A子先生
A子先生
そこで今回はブルーライトの影響や対策法について説明したいと思います。

ブルーライトって何?

ブルーライトのグラフ

ブルーライトは波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。ちなみに1nm= 0.000001 mmです。

紫外線にやや近い光を持っているため浴びると体に負担を与えてしまうこともあります。

最近よく出てくるLED照明や最新のスマートフォンやパソコンにもLEDディスプレイが利用されていて、LEDはブルーライトを多く含んでいます。

ブルーライトは眼を経由して体に負担がかかるといわれており主にこのような症状を起こすと言われています。

  • 目の疲れや網膜・角膜への影響
  • 睡眠障害や精神障害
  • 肥満・がんに影響
A子先生
A子先生
厚生労働省のガイドラインではデジタル機器で1時間作業を行った際は15分の休憩を推奨しているといわれています。

スマートフォンを使ってのブルーライト対策

ブルーライト対策として、実は端末で設定したりアプリを入れることによってブルーライト対策になるので紹介したいと思います。

設定画面でのやり方(iPhoneの場合)

iPhoneには、NightShiftと言って時間を設定することによってその時間帯は暖色系の色域に変える事によってブルーライトを抑えることができる機能です。

どこにあるのかと言いますと、設定→画面表示と明るさをタップすると、Night Shiftという機能があるのでそこをタップ

iPhoneブルーライト設定①

ここから、時間を設定すればOKです。

iPhoneブルーライト②

アプリを使ってのやり方(アンドロイドスマホの場合)

古いandroidスマホを持っていてOSアップデートが出来ないという人もいると思います。

そういったかたは、ブルーライトカットのアプリを入れましょう。

こちらのTwilightというアプリが設定しやすくおすすめです。

Twilight

Twilight

Urbandroid Teamposted withアプリーチ

 

パソコンの設定でブルーライトをカットする

そして、パソコンからでも設定をすることによってブルーライトを抑えることができます。

Windousのみですが、説明したいと思います。

まず、デスクトップ上を右クリックし、グラフィックプロパティを開きます。

PCブルーライト①

この画面が出てきたら、ディスプレイを選択

PCブルーライト②

色のタブを選び、色調整というところを青色のところをクリック

PCブルーライト③

明るさというところが0になっているので、左側にレバーを動かし-20くらいにする。(眼がチカチカしない程度が良いです。)

PCブルーライト④

就寝2時間前にデジタル機器を利用しない

あとは、寝る2時間前にはパソコンなどのデジタル機器を利用しないことです。

理由としては、やはり睡眠に影響をおよぼしてしまうからです。

A子先生
A子先生
実は私もブルーライトの影響で睡眠がなかなかとれなくなってしまったことがあったので最近は夜パソコンやスマホはいじらなくなりました。

パソコンを使った後に寝ようとしても寝付けない人は、寝る前のパソコンやスマホ利用はやめておきましょう。

さいごに

というわけで、ブルーライト対策について紹介しました。

主な対策と言うと、パソコン用メガネやブルーライトをカットするカバーをつけるのが一般的だと思いますが、最近はスマホやパソコンの設定を変えるだけでもブルーライトを抑えることができます。

スマホで何でもできる世の中になった反面、手放せなくなってしまう気持ちもわからなくありませんが、少しでも体調が悪くなった場合はすこし画面から離れてみることもおすすめします。