裏ワザ

【iPhone】ケータイ補償とApplecare(アップルケア)の違いって?加入したほうがいいの?

Applecareとケータイ補償サービス

以前、iPhoneが大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に対応した時はApplecareというメーカーのApple独自の補償サービスをやっていたけれど、最近は格安SIM含めてどこの会社も端末保証いわゆるケータイ補償サービスに加入することができるようになりました。

でも、アップルケアとケータイ補償サービスっていまいち違いがよくわからない部分がありますよね。

山田くん
山田くん
僕はAppleと書いてあって安心そうなので有料のApplecareに入っています。
A子先生
A子先生
iPhone持っている人はもしものために的な理由で加入している人がほとんどね。でももしかしたらケータイ補償の方が安心な人もいると思うの

というわけで、今回はケータイ補償とApplecare(アップルケア)の違いについて説明したいと思います。

ケータイ補償ってどんなサービス?

ケータイ補償サービスの仕組み

ドコモではケータイ補償お届けサービス、その他端末保証という名前で出していますが同じものと考えてください。

ケータイ補償は、お手持ちのスマートフォンが故障や破損などで動かなくなった際、携帯会社に連絡すれば約2~3日くらいで同じ機種・同じ色の電話機をお届けするサービスです。

ただ、交換電話機という扱いなので故障したスマートフォンは携帯会社に発送しないといけません。

お値段は、機種にもよりますが月600円~750円

補償サービスは年間2回まで利用することができます。ちなみに自己負担金は最新のiPhoneXS~iPhone6sの場合は11,000円、iPhoneSE~iPhone5cは7,500円になります。(ドコモのケータイ補償サービスfor iPhoneの場合)

ただし、加入条件としては購入から14日以内に申込む必要となります。

補償サービスを受ける方法

  1. 携帯会社の補償サービス専門のコールセンターに連絡
  2. 約2~3日程度で交換電話機が届く
  3. データ移行やバックアップが終わったら故障した端末を携帯会社に発送する(梱包キットなどは交換電話機と一緒に届きます)
A子先生
A子先生
また、格安SIMでやっている端末保証サービスの中には修理サービスもやっているところもあります。

Applecare(アップルケア)ってどんなサービス?

Applecareプラス

Applecareは、iPhoneやApple純正アプリ(FaceTimeやカレンダーなど)の使い方について電話やメール・チャットでサポートしてくれるのと、故障や水没した際の修理を保証価格で対応してくれます。

ちなみに、iPhoneにはApplecareという形で申込しなくても90日間だけ操作方法のサポートと1年間だけ修理保証の対応をしてくれます。

そのApplecareを購入から2年間延長して使いたい場合に追加料金として入るのがApplecare+(アップルケアプラス)になります。

修理については、アップルストアなどの直営店やAppleの代理店に持ち込むか修理センターに配送という形になります。

修理料金は保証内でやってくれる場合もありますが、内容によっては別途負担しなければいけない場合もあります。

ちなみに、画面破損の場合の値段は以下の通りです。

画面破損の料金

最新の機種によっては倍近くかかる場合もあるので、不安であればApplecare+に入っておいたほうがよいかもしれません。

持込であれば、当日中に対応してくれる場合もありますが配送の場合は数日かかる場合もあります。

Applecare+の値段は機種によって違います。なお加入条件は購入から30日以内となっています。

iPhoneXS iPhoneXSMax 22,800円(1ヶ月あたり950円)
iPhoneXR iPhone8plus iPhone7Plus 16,800円(1ヶ月当たり700円)
iPhone8 iPhone7 14,800円(1ヶ月あたり610円)
iPhoneSE 12,800円(1ヶ月あたり530円)

近くにAppleのお店が無くても安心。エクスプレス交換サービス

エクスプレス交換サービス

東京や大阪など大都市圏にはAppleの直営店が多いので当日中の修理でもなんとかなりますが、地方みたくAppleの直営店がなかなかない場合は発送を使う手段しかなく、毎日スマホを利用しなければいけない場合はすごく痛手になってしまいます。

ところが、Applecare+に加入した方のみの特典として連絡したら宅配便で交換機を配送してくれるエクスプレス交換サービスというのがあります。

先ほど紹介したケータイ保証サービスと似たような感じですが、エクスプレス交換サービスは交換品が届いたその日のうちに配送員の人に渡すだけで済むので設定さえすればその日のうちに利用することが可能です。

お値段は基本無料ですが、状況によっては負担する場合もあります。

バックアップは必ずやっておきましょう。

パソコンからでも対応可能です。

詳しい設定方法→iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 – Apple サポート

LINEなどのバックアップ方法はこれからLINEを始める人へ必ず設定しておいたほうがいいことを2つ紹介を参考にして設定してください。

結局、どっちに加入したほうがいいの?

山田くん
山田くん
こうやってみるとApplecare+の方が補償内容が充実していますけど実際どうなんでしょうね
A子先生
A子先生
とりあえず、表でまとめたので比較してみますね
ケータイ補償 Applecare+
値段 月500円~750円(機種や携帯会社によって違う) 月950円~530円(機種によって違う)
補償内容 故障や水没した場合、同じ機種を新品交換として対応(年2回まで)
  • 修理が無料もしくは一部負担するだけで即日対応
  • iPhoneやApple純正アプリ(FaceTimeやメール・メッセージなど)の使い方を電話かチャットでサポートしてくれる
  • 故障や水没した場合、同じ機種を新品交換として対応(年2回まで)
加入条件 購入から14日以内に申込 購入から30日以内に申込
期間 申込から解約まで2年以上可 2年
その他 月ごとの支払い 2年分一括払い
山田くん
山田くん
僕、Apple純正アプリって使っていないけどエクスプレス交換サービスというのが結構良さげなサービスですね。
A子先生
A子先生
お値段やサービス内容を確認して自分に合った補償サービスを選んでくださいね

 

やさしいIT教室のLINE公式アカウントはじめました
IT教室のLINE公式アカウント(旧LINE@)開設しました
  • ブログ読んでみたけどわからない
  • スマートフォンやPCの操作方法を教えて欲しい

という人に対して、無料で個別にアドバイスしたり関連の記事を紹介していきます