SNS

動画をLINEで送りたい場合ストレスがたまらないやり方を紹介します

ストレスをためずにLINEで動画を送信する方法

旅の思い出やお子さんの成長期を動画で撮影している人も多いと思います。

その撮影した動画を友だちや田舎のおじいちゃんおばあちゃんにLINEで送ろうかなと思ったらエラーで送れないとなる場合があります。

LINEは最大5分の動画を送信することができますが、それでも送るのに時間がかかってしまう現状

時間がかかるとイライラしちゃいますよね。

A子先生
A子先生
といった感じで、今回は動画を送る人も受け取る人もイライラしないやり方を紹介したいと思います。

クラウドアプリに入れて動画のアドレスを送信する

どんなことかといいますと、写真や動画が保存されているクラウドアプリ(iCloudやGooglePhoto)のURL(アドレス)を相手に教えるという事です。

皆さんは写真や動画を誰かに送るときはそのままデータを送信する形でやっていると思いますが写真が大きかったり長い時間の動画を送るとなると送信するのに時間がかかってしまいます。

動画のURLを教えるだけであれば、送るのに時間はかからないし受け取る人もURLをクリックすればすぐ見ることができるので楽です。

一例として今回はGooglePhotoというクラウドアプリを利用した際のやり方について説明します。

GooglePhotoを使って動画を送る方法

1.送りたい動画を選択し共有ボタンをタップ

共有を選択

2.【リンクを作成】をタップ

リンクを作成をタップ

3.送りたいアプリを選択(今回はLINEを選ぶ)

送りたいアプリを選択

5.アドレスがついたことを確認出来たら送信(投稿)をタップ

送りたい人を選び送信

※もし、データがついていない場合はURLをペーストしてください。

GooglePhotoを使って動画を見る方法

1.動画をこんな感じで受けとったらURLをタップ

URLをタップする

2.再生をタップしたら見ることができます。

再生をタップすれば視聴可能

3.もし自分のスマホに落としたい人は【全てをダウンロード】を選択してください。(アプリに遷移した場合は雲のマークをタップすれば保存できます。)

ダウンロードを選択すれば自分のスマホに落とせる
A子先生
A子先生
といった感じでストレスをためず動画をLINEで送受信する方法について紹介しました。
メールでもiMessageでも同じようにできますのでぜひ試してみてください。

また、クラウドアプリについてもっと知りたい人はこちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

写真やデータを保存するには【クラウド】を利用するのがおすすめな理由最近、クラウドという言葉を耳にしませんか? 何となく写真やデータを保存するやつというのを聞いたことあると思いますが、使い方とか活用...
やさしいIT教室のLINE公式アカウントはじめました
IT教室のLINE公式アカウント(旧LINE@)開設しました
  • ブログ読んでみたけどわからない
  • スマートフォンやPCの操作方法を教えて欲しい

という人に対して、無料で個別にアドバイスしたり関連の記事を紹介していきます